omnico The little differences make a big difference.

固定液

文字サイズ:

固定液

◆石膏の肌荒れを防ぐ方法の一つに、石膏の硬化を早めることにより滑沢の良い石膏面を得るために効果のある薬液を用いることもあります。この薬液を「固定液」と呼び、固定液に使用する薬剤は硫酸カリウムや硫酸亜鉛が一般的に知られていますが、石膏の肌荒れがどうしても改善しない場合には、特に効果が高い硫酸亜鉛をお勧め致します。硫酸亜鉛は薬剤の性質により販売が制限されていますが、「歯科医師」の有資格者である先生でいらっしゃいましたら、取り扱いのある薬局でお買い求め頂けますので、一度お試しになってみて下さい。
固定液」の作り方及びご使用方法は以下の要領にてお願い致します。

1.薬剤名・・・(一級)硫酸亜鉛七水和物
■薬剤の性質により保管管理には充分ご留意下さい。

2.薬局にて印鑑をご持参の上ご購入下さい。
■常時在庫とされる汎用品ではないため取り寄せとなる可能性が高いかと思われます。
  
3.価格・・・メーカー並びに薬局により若干差があるようですが500g入りボトルにて1,300~1,600円(税抜)前後になります。(2014年3月現在)

4.作り方・・・水1リットルに対し(水道水で構いません)硫酸亜鉛2gを目安に(およそ0.2%濃度を目安に)良く溶かして下さい。
固定液は使用する都度お作りになるのも大変ですので、何か適当量の入る保存容器を用いて作り置きをされるのが良いでしょう。

5.使用方法・・・
①使用するトレーが入る適当な大きさの蓋付き容器をご用意下さい。全顎トレーの使用も考慮し、おおよその目安として500ccくらいの容器に上記4.で作った固定液を300ccほど小分けしご使用になるのが適量と思います。
小分けしました固定液は1回使い捨てではなく何度も使えますが、使用していくうちに汚れてきましたら、適当なところで全て捨てて容器を洗浄後、新しい固定液と入れ替えて下さい。

②採得した印象面を流水下、水が印象部位に強くかからないように掌で水量等を調整しながらよく洗い流し、軽く振って水を切って下さい。(次の作業工程がありますので、この時はエアーでの吹き飛ばしは不要です。)

③用意しておいた①の固定液に②のトレーをくぐらせ、液が印象面の表面にまんべんなく付きましたら完了です。
(この際トレーを液の中に浸しておかないで下さい。アルギン酸塩印象材及び寒天印象材が固定液の水分により膨張し寸法精度に影響を及ぼしますのでご注意下さい。)

固定液をくぐらせた③のトレーの印象面に付いている固定液を今度はエアーを用いて飛ばし(水洗いは不要)、規定で練った石膏を注ぎ十分に湿度を保った状態(濡らした布等を敷いた密閉容器の中)で硬化させて下さい。
取り外した石膏模型は滑らかな表面を有していることと思います。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional